乳児湿疹の原因を知ろう【赤ちゃんの美肌を守るコツ】

乳児は肌のトラブルが多い

笑う赤ちゃん

肌を清潔に保つ

乳児の肌は大人と比べて繊細でダメージを受けやすいため、乳児湿疹になるケースが多く、原因を調べて対策をする事が大切です。ほとんどの赤ちゃんが一度は乳児湿疹を経験する事になるため、事前に乳児湿疹の種類を学んでおく事で、原因をすぐに把握する事ができます。生まれてから1週間程度した時に現れやすい乳児湿疹が新生児のニキビで、肌に赤く腫れた小さいニキビが発生します。新生児のニキビができる原因としては、母親の女性ホルモンのバランスが崩れる事によって、乳児の皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まるためです。新生児のニキビの治療法としては、入浴時に肌を傷つけずに優しく洗い、肌を清潔に保つ事が好ましいです。肌を清潔に保つ事で、新生児のニキビは1ヶ月程度で自然に治ります。

着替えの回数を増やす

湿度の高い季節や気温の高い時期になりやすい乳児湿疹があせもで、汗をかきやすい部分にできる事が多いです。あせもは痒くなるため放置しておくと赤ちゃんが肌を傷つけてしまい、そこから雑菌が入る可能性があるため注意が必要です。あせもが発生する原因としては、乳児の汗腺は大人と比べると組織が発達していないため、効率よく汗を流す事ができないためです。そのため肌の表面に汗が溜まって蒸れた状態になり、雑菌が繁殖しやすい環境になります。あせもの治療としては、汗をかいた場合にすぐに着替える事が効果的で、清潔な状態を続ける事が重要です。あせもと似たような症状にアトピーがありますが、アトピーの場合はあせもと違い何度も繰り返す事が多くなります。アトピーの治療では原因を調べる事が難しいため、時間をかけてゆっくり原因を調べる事が肝心です。