乳児湿疹の原因を知ろう【赤ちゃんの美肌を守るコツ】

肌ストレスを軽減させる

ミルクを飲む赤ん坊

環境や使う薬に気をつける

赤ちゃんは、とても敏感な肌の持ち主です。ですから、外部刺激も受けやすいため乳児湿疹などの肌トラブルにもすぐになってしまいます。原因としては、食べこぼしやミルクなどで口元がかぶれたり、あせもやオムツかぶれなどが原因だと言われています。そして、乾燥している環境もなりやすい原因ですので常に保湿してあげる必要があります。乳児湿疹になってしまった場合は、薬などを塗ってあげれば早く改善しますが薬選びも大切です。まず刺激があるステロイドが入っているものをなるべく使用しないようにすることが大事です。ステロイドは副作用が出る場合があるほどに強い薬になります。最近ではステロイドが入っていない乳児湿疹用の薬があるので使用すると良いかと思います。

肌トラブルを事前に防ぐ

オムツかぶれやあせもは、親が気をつけていてもなってしまうことが多いものです。乳児湿疹も、それが原因でなってしまうので出来るだけ肌ストレスを軽減させてあげる必要があります。とにかく赤ちゃんは、少しの刺激で肌が荒れてしまうのです。常な清潔に保ってあげることで、肌ストレスもだいぶ軽減するかと思います。中には、一度なってしまうと中々治らない赤ちゃんもたくさんいますから、市販薬で改善出来ない場合は小児科や皮膚科へ相談すると赤ちゃんに合わせた薬を処方してくれます。必ずといっていい程、乳児湿疹は皆が通る道ですからママも焦らず対処してあげて欲しいと思います。成長すれば肌も強くなるので、乳児湿疹で心配し過ぎなくても大丈夫です。