乳児湿疹の原因を知ろう【赤ちゃんの美肌を守るコツ】

乳児にできるぶつぶつとは

泣くベイビー

肌の弱い乳児

良くなったと思ったらすぐまた現れる乳児湿疹は、乳児の肌に出る特有のブツブツです。これは、個人差や体質にもよりますがおよそ1歳過ぎまで続きます。その原因は様々で、生後3ヶ月までに繰り返して起こる乳児湿疹は、主に皮脂の過剰な分泌によって起こります。新生児はホルモンバランスがまだ整っていないことが原因です。成長するにつれ、それは整っていき皮脂による乳児湿疹は治ります。皮脂の過剰が治まると次は乾燥しやすい肌になってきます。乳児の肌は敏感で薄く少しの摩擦でも傷がついてしまいます。肌の汚れにも弱いので気を付けないとすぐ湿疹になってしまうのです。この状態は、ほとんど1歳前後まで続きトラブルを繰り返します。

アトピーの場合もある

乳児湿疹のできる乳児の中には、アトピーの疑いのある場合もあります。しかし、乳児はその症状がはっきりしていないため、アトピーだとは決定せずに乳児湿疹として様子を見ます。ブツブツが何回も繰り返されるようならアトピーが原因だと診断されます。アトピーがあらわれるのは早くて生後4ヶ月頃からです。耳の後ろや肘、膝などの関節の裏側の皮膚が切れたりして様々な形の湿疹ができます。かゆみを伴うためかいてしまいそのためジュクジュクしたりしてしまいます。その原因は、はっきりしていませんが乳児の免疫力が低いことが影響していると考えられます。成長するにつれ免疫力もあがってくるのでそれにつれて湿疹も治る傾向にあります。乳児を湿疹から守るのに一番大切なことは、肌を清潔に保つことを心がけることです。