乳児湿疹の原因を知ろう【赤ちゃんの美肌を守るコツ】

赤ちゃんの湿疹

赤んぼう

湿疹の対策

乳児湿疹は、乳児脂漏性湿疹、おむつかぶれ、あせも、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーによる湿疹などがあります。生後2週間ごろから現れやすく、1〜2歳までで自然治癒する場合が多いです。乳児脂漏性湿疹、おむつかぶれ、あせもは入浴時に清潔にしてあげ、蒸れたりしないよう、快適な環境にしてあげることが大切です。汗をかけばすぐに着替えさせるようにし、服の着せすぎにも注意します。アトピー性皮膚炎は、アトピーの原因となっているものを取り除きます。アレルゲンには動物の毛、化学物質、ハウスダスト、ダニ、ほこりなど様々です。アレルゲンがわからない場合は部屋を清潔にすることはもちろん、洗濯時の洗剤や柔軟剤のすすぎ残しがないようにしましょう。食物アレルギーは、病院で検査を行い、アレルギーを起こす食品やその程度を知ることが大切です。対策はその原因食品を避けるようにします。乳児湿疹は、これらに気を付けることで、ある程度防ぐことができます。

赤ちゃんの肌

赤ちゃんは、大人と比較すると肌も薄く、バリア機能も弱いため、乳児湿疹になりやすいです。細やかなケアは大切です。ですが、お風呂などでごしごしこすると皮膚に傷がついてしまいますので、優しく洗ってあげましょう。衣服のタグなど、大人には何でもないことでも、赤ちゃんにとっては乳児湿疹の原因になります。赤ちゃんが身に着けるものは常に気を使い、快適に過ごせるようにします。また、食物アレルギーの場合、原因食品の自己判断は危険です。中にはアナフィラキシーショックを起こしてしまう場合もあります。また、原因食品でないものは、心配だからという理由で取り除くことはよくありません。心配な場合は医師に相談するようにしましょう。

乳児は肌のトラブルが多い

笑う赤ちゃん

新生児や乳児は新陳代謝も良く肌がデリケートのため、湿疹やあせもが多くなります。特に乳児湿疹は肌の環境が悪くなる事によって発生する原因が多くあります。赤ちゃんの肌を守るためにも、肌を清潔に保つように心がけていきましょう。

View Detail

肌ストレスを軽減させる

ミルクを飲む赤ん坊

薬にステロイドが入っていないものを選べば、副作用の心配もしなくて済みます。乳児湿疹の原因はたくさんあり、赤ちゃんの時期だけのものになります。赤ちゃんも辛いでしょうから、出来るだけ肌ストレスを与えない環境づくりをすると良いです。

View Detail

乳児にできるぶつぶつとは

泣くベイビー

乳児湿疹は、乳児に起こるブツブツで皮脂の過剰な分泌や乾燥、それにホルモンバランスが整っていないことが原因です。アトピーが起こる場合もありその症状は繰り返されます。これは免疫力が低いことが原因だと考えられています。

View Detail